ゆうゆう言葉の教室 〚障がい児療育の場〛

  • ホーム
  • ゆうゆう言葉の教室 〚障がい児療育の場〛

ゆうゆう言葉の教室のご案内

ゆうゆう言葉の教室では、ハンディを持った子供や発達の不安のある子供の育児なの悩みや子供の発育について相談を行い、必要な療育を提供します。
相談・療育では、親子小集団で個別指導をして、コミュニケーションの基礎・意欲・自信を育てます。また、抱っこ法・心のケアを通して、子供の情緒の育ちと親子の結びつきを深めることができます。

ゆうゆう言葉の教室では、NLP(神経言語プログラミング・心理学と言語学)の技法を用いてカウンセリングを行い、生き生きと生きる目的と意欲をを引き出し発見するお手伝いをします。
  


  こんな時、ご相談ください

◇身体および知的にハンディがある
◇言葉が遅い   ◇言葉の数が増えない
◇落ち着きなくうろうろする
◇よく泣く  ◇泣かない
◇友達と遊べない  ◇学校にいけない
◇学習がおくれがち
◇子育てに不安がある
◇子供を見ているとイライラする

  

療育ご案内

グループ 1クラス親子12 

対  象 3歳~小学生

時  間 週1回1~1時間30

ホワイエ内
水曜日・木曜日午後開催
初回相談 5,000
個別相談 6,000
1か月 15,000円~20,000円
入室金 (初回のみ) \20,000

継続費は、\5,000/1年となります。他活動は、問い合わせして下さい


筆談援助者勉強会

自閉症の僕が「ありがとう」を言えるまで:

飛鳥新社のイド・ケダーさんの著書が出版されました。 

 彼は、アメリカでポインティングのコミュニケーションツールを教えているソマさんに出会うことで、自己表現の方法をみいだし、大学進学をしている、一般には重度の知的ハンディを伴う重度の自閉症の方です。

 感情や認知能力は内側では働いているのに、表に出す方法が見つからず、手をパタパタしたり感覚刺激や常同行動になってしまうことを語っています。

 もちろん、行動の抑制がうまくいかず、信頼のおけるサポーターにつかみかかったりしてしまう事で苦しい思いもしています。

身体コントロールの練習をもっとしていく努力をしようと決意しているのです。そして、自分につながる自閉症の方たちの持つ力と姿を伝えていくことを人生の大切な使命としています。何よりも、家族との楽しい会話ができることを喜んでいます。

大阪では年間4回筆談援助者勉強会を続けてきました。

日常を大切にしたやりとりを学びながら、

心を通わす歓びや感覚を身につけてきました。さらに、その方が本当に願っているその年齢らしさの在り方になるような、具体的対応も体験を持ってしてきました。

 実際に、筆談ユーザーさん(筆談をコミュニケーションツールのひとつにしている方)が学びにお手伝いをしてくださることで、参加者の学びは深くなります。ユーザーさん同士の語り合いも大切な時間です。

どうぞ、関心のある方は、筆談援助者の勉強会にご参加ください。みなさま、お誘い合わせの上、お越しください。

 日時 : トップページに記載
10時から16時(昼休憩など含む)
場所 : ホワイエ
研修費 : 5000円(当日)   
申し込み : 1月18日までに    七野友子(筆談援助の会スタッフ)

7tomoko@ezweb.ne.jp

tomoko-yuuyuu@nike.eonet.ne.jp

 

第20回筆談援助者勉強会IN大阪 申し込み 内容

201    年  月  日

氏名

職業

 住所

 連絡先 電話・メール

 〈アンケート〉

筆談の経験

乗馬セラピーご案内

相談・療育以外にも、スポーツ・余暇活動に一貫として、乗馬セラピーを開催しています。ハンディを持つ方は、体を動かす機会が少ないかもしくは偏った動かし方の方が多く、呼吸器や骨・筋肉に対して必要な刺激を与えることが難しいです。
乗馬は、循環器や呼吸器に良い影響を与え、新陳代謝の改善を行うだけでなく、運動器官や平衡機能にも良い影響を及ぼし、情緒面でも下記のように著しい効果を上げることができます。


自信・満足感が得られる
馬に乗ることで、今まで体験したことのない高い視野、スピード感を得ることができるので、『馬に乗った』という満足感を得られ、さらには、大きな馬を操れたという自信がつきます。

意志・感情の表現ができる
馬の騎乗中は、馬と意思の疎通を図らなければなりません。これを続けていると騎乗者は馬に自分の意志や感情を伝え、馬と友情を結びたくなり、自分自身の意志や感情を表現することができるようになってきます。

協調性や調和性が生まれる
社会から隔離されていると感じている方は、乗馬により、家族や友人に乗馬や騎乗の様子を話す機会が増えます。そのことで徐々に協調性や調和性が身についてきます。 


セラピー乗馬プログラム 4,000円~6,800
※セラピー乗馬プログラムは、枚方の牧場で行います。
※体験時間は、10分~40分になります。
 

 


問い合わせ


七野友子携帯 090-2040-0028

受付時間 9:00~20:00
留守番電話になっておりましたら、お名前・連絡先をお入れください。
後日、こちらから連絡させていただきます。


お気軽にご相談ください。



講師紹介 七野 友子(しちの ともこ)

紹介
京都教育大学教育学部幼児教育科卒業
重複障害教育教員養成課程修了

私立幼稚園・保育園勤務後、現在 ゆうゆう主宰 大阪医専言語聴覚学科講師 
支援学校言語発達アドバイザー 
神戸子ども家庭センター母子教室リーダー 他


資格
言語聴覚士・抱っこ法公認ホルダー・NLPマスタ-プラクティショナー
PATH(国際療法乗馬専門職協会上級インストラクター・米)・幼・小・支援学校免許・保育士資格

所属
日本言語聴覚士協会・日本抱っこ法協会・日本心理臨床学会・日本マカトン法協会
TEACCHプログラム研究会・乗馬セラピー・JSDNPO法人ホースフレンズ 他
Top